高速道路無料化とETC

| | コメント(0) | トラックバック(0)

この政策にイマイチぴんとこない。財源の問題もある。民営化したのにまた国に戻すのかというのもある。
なにより今の1000円にしたってこの混雑である。無料だったらどうなることか。
すでに影響はでているだろうが高速バスや運送用のトラックも時間管理ができずに大変な損失を受けそうだ。

電車やフェリー等が前年度比で大幅な減収となっているようだ。
エコやら環境にやさしいとかいうんだったら、電車の方に優遇措置をつけて、もらいたいものだ。

無料化になると今普及を促進しているETCがいらない、必要性が下がるのではという話がでている。
高速道路を出血大サービス価格にするなら、バーターではないがいっそのことETC搭載を義務付けるとか、新しいビジネスを生み出すような、おもいきいったことをしてほしい。
ETC搭載率が100%なら1000円とったって料金所がいらなくなる。首都高だって料金所がいらなくなる。すべての車にETCとETCカードがついている前提で新しいサービスがいろいろ生まれるだろう。

ピンとこない無料化だが、それでも政権交代は必要だと思うので、民主が単独ではなく連立で政権をとるのが個人的には望ましい形というところか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高速道路無料化とETC

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hidesa.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/51

コメントする

このブログ記事について

このページは、hidesaが2009年8月18日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ターミネーター Sarah Corner Colnicls」です。

次のブログ記事は「シンプルに考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。