経済: 2008年7月アーカイブ

ダイヤモンド7/12号より。

バブルの手順はパターン化されつつある。

1)対象物を金融商品化して取引市場をつくる

2)同類の金融商品をに関するインデックス(指数)をつくる。

3)インデックスに関して先物・オプションなどの派生商品をつくり市場化する。

4)指数連動ファンドをつくり資金が流れるスキームをつくる。

なるほど、確かに不動産流動化、REITはそうかもしれない。そしてこれからくるバブルに"排出権取引"と"コンテンツ"などが有力候補だそうだ。

 

 

 

"コンテンツ"はこないかな。コンテンツはファンドにするには、予測不能で水ものすぎる。"排出権取引"は排出権の価値が定まっていないだけにバブルがありそうだ。

 

ついていい嘘とついていけない嘘がある。

ということはない。嘘をついたものの言い訳にすぎない。(言わなくてもいいことはある)

嘘は嘘を招き、やがてほころびが出始める。はじの一歩を踏み出してはいけない。

ダイヤモンド7/12号より

人間のすばらしさは、強みと弱みを含め、多様性にある。(個性ともいう。)同時に組織のすばらしさは、その多様な人間一人ひとりの強みをフルに発揮させ、弱みを打ち消するところにある。ドラッガーは弱みを気にしない。真ん中の人間(事なかれ人間)には魅力を感じない。ところが一つだけ気にせざるをえない弱みがある。それが真摯さの欠如である。人の強みではなく、弱みに焦点をあてる者をマネジメントの地位につけてはならない。人のできることは何も見ず、できないことすべてを知っている者は、組織の文化を損なう。何が正しいかよりも誰が正しいかに関心を持つものを昇格させてはならない。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち経済カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは経済: 2008年6月です。

次のアーカイブは経済: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。