経済: 2008年12月アーカイブ

国=銘柄、為替=株価、とみたてていくとFXもおもしろい。

為替も株もファンダメンタル。(チャート分析とかのテクニカルはつまらないので)
価値と価格が一致しているか。価値が安ければ買い、高ければ売る。
FXならにはまずその国の価値を知ること。

FXが株と違うところはすべてがUSD/JPY(ドル円)といったベアトレードになるところ。一国の分析だけではなく、それが相対的にどうかというところまで見なくてはいけない。

株式投資をすると日経を読むようになった、という話は聞きますが同様にFXをすると、世界の経済に興味がでてきます。グローバルな視点を持つためには為替を知ることも重要ですね。

為替に関する以下の2冊。藤巻健史氏の本です。ポジショントーク気味ですが面白いです。
特に外資の常識はおススメ。
藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義
外資の常識

このアーカイブについて

このページには、2008年12月以降に書かれたブログ記事のうち経済カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは経済: 2008年11月です。

次のアーカイブは経済: 2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。