hidesa: 2009年3月アーカイブ

WBCの決勝の10回のイチローは日本中を感動させた。
延長10回のセンター前ヒットは一生忘れない。と原監督がいったが、日本人の多くがそう思ったに違いない。自分もその一人だ。

それにしてもイチローほどストイックで結果もだす人はいない。

WBCがこれほど盛り上がっているのは、やはりイチローのおかげだろう。イチローが強気で挑発的ともいえる発言をし、一方でWBCの重さを口にだして伝えることによって、世間の関心が高まった。
韓国も同様に盛り上がった結果、特に日韓戦には過去にないほど、それは異常なほど注目が集まった。

さらに日韓直接対決が2勝2敗で韓国と決勝を迎えるなど抜群のストーリー展開もさらに後押しすることになった。

が、いずれにしてもイチローがあえて強気の発言をしなければこれほど盛り上がらなかっただろう。

そのイチローも今回ばかりは大不振だった。決勝の前までの打率はわずか2割1分。それこそイチローはピークは過ぎたなどと、結果だけをみて安易に反応するマスコミもでた。
大口をたたいて不振なのだからそうなるのも無理はない。しかし個人的にはそんな反応はあまりなかったような気がする。

イチローが不振を続ける中、WBCのメンバーもイチローと同じスタイルで練習する等、イチローを盛り上げようとしていた。
また、本人も天才、ベテランらしからぬ早出の特打ちをしていたという。(本人がいわなくても他の選手が球場にくるときはイチローがバットを持って戻ってくる姿を目撃されみなに事実が浸透していった。)

精神面でも不審の中、イチローは下を向くことがなかったという。

キューバ戦でバントを失敗し13打席ノーヒットとなったとき、心が折れそうになった、という。心にしっかり芯をもってなければいえない言葉だ。

またスーパースターは他の選手と距離ができやすい(特に不振の時は)ものだが、イチローは、他の選手とも壁をつくらなかったという。

このような試合での結果がでないときのイチローの態度が本当のスーパースターイチローのすごさである。

そういうった布石があって決勝戦の延長10回のセンター前ヒットがつながるのだ。
それは決して偶然ではない。サプライズでもない。
WBCのある日本人選手からメールがきたそうだ。

今回のWBCで、打てていないときのイチローさんの姿をみてイチローさんのことがより好きになりました。

3/16はCSK会長だった故大川氏の9回忌である。
大川氏は若い時は病床に伏せており42歳という年齢からCSKを興した。
セガ(セガサミー) ファンだったこともあり、晩年病床の大川氏が850億円もの私財を瀕死のセガに贈与した話には胸をうたれた。

そんなこともあり大川氏には興味があり、彼の"予兆"のいう本も読んだ。

その一節。

「新しい産業には、かならずその「予兆」があるという。
その「予兆」をのがさずにとらえ、これを命がけで事業化しようとする人に対して、天は「時流」という恩恵を与え、「使命」という社会責任を負わせるのだと思う。私の人生はそれに尽きる。」


いまのCSKに大川イズムはない
大川氏は何と思うだろうか。

このアーカイブについて

このページには、hidesa2009年3月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはhidesa: 2009年2月です。

次のアーカイブはhidesa: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。